ほくろ除去の際に把握しておきたいコト!

相談

効果的な切除方法をチェック

ほくろ除去を行なうにあたって、まずは除去の施術法を確認していきましょう。ほくろ除去には色々な種類があるので、自分のほくろの状態や大きさなどを考慮して選ぶ必要があります。施術法の特徴や違いなどを把握してみると良いですよ。

READ MORE
鏡を見る人

除去後の注意点

ほくろ除去を無事に出来たと思っても、まだ安心することは出来ません。施術後のアフターケアが重要になります。そこで、施術後に気を付けたいことなどを確認していきましょう。アフターケアをきちんと行なうことで、傷跡も綺麗に治りますよ。

READ MORE

どうして?ほくろが発生してしまう4つの原因

紫外線をたくさん浴びる

ほくろが発生してしまう原因として、最も多いのが紫外線による影響です。紫外線を浴びてしまうと体内にいるメラノサイトが活性化して、ほくろの元となるメラニン色素を生成してしまいます。このメラニン色素がたくさん発生してしまうと、ほくろとして皮膚に現れるのです。

肌への刺激

肌に刺激を与えることでもほくろは増えてしまうと言われています。顔に発生してしまうほくろはメイクによる肌への刺激が原因でしょう。メイクの際は、ブラシなどが与える刺激によってメラニン色素が出来てしまうのです。また、肌荒れ時のメイクもほくろが発生しやすいです。

ストレスを溜め込む

ストレスとほくろのイメージがありませんが、実はストレスを溜め込むことによってもほくろは発生してしまうでしょう。ストレスが発生すると、必然的にホルモンバランスが乱れてしまいます。それが原因でメラノサイトが活発になり、ほくろに繋がるのです。

睡眠不足

睡眠不足だと健康的に良くないですが、ほくろが発生する原因でもあります。人は寝ている間に古い細胞などを入れ替えていきます。慢性的な睡眠不足の場合だと、メラニン色素などが上手く排出できずに、ほくろになってしまうでしょう。そのため、睡眠不足はNGです。

ほくろを除去しよう

婦人

悩みの種となる「ほくろ」

思わぬ場所に発生してしまうことが多いほくろですが、もし顔などの目立つ部分に出来てしまったらショックですよね。ほくろはシミやそばかすと異なってメイクで完璧に隠すことは難しくなっています。そんなほくろを消すためには、どうすれば良いのでしょうか。ここでは、ほくろ除去に関することについて見ていきましょう。

ほくろ除去をするには

大阪にてほくろ除去を行なうためには、色々な施術方法がある美容外科クリニックにお願いすると良いですよ。大阪は数多くの美容外科クリニックがあり、ほくろ除去も積極的に行なっています。その影響か財布に優しい料金で施術を受けることが可能ですよ。また、医師と相談をしながら除去をしていくので、余計なトラブルが発生しなくて済みます。そのため、ほくろ除去を行なう場合は、美容外科クリニックに行きましょう。

正しい知識を持って除去をすることが大事です

ほくろ除去を行なうことで悩みやコンプレックスなどが解消されますが、もし誤った知識もを持って行なってしまうと、思わぬトラブルが発生してしまうこともあるので注意が必要です。なので、正しい知識を持って除去をしていきましょう。知識を増やすためには、ほくろ除去について色々と調べておくことですよ。

ほくろ除去に関するよくある質問

一度にたくさんのほくろ除去をするのは可能ですか?

ほくろの状態や大きさによって、一度に施術が行なえるかどうか変わります。基本的に小さくて浅いほくろだと医療レーザー治療を用いて、一気に除去することが出来るでしょう。ほくろ除去を行ないたい場合は、まずクリニックに行って相談することをおすすめします。

小さいほくろは除去しておいた方が良いですか?

小さいほくろが発生しても大きくならない可能性もあります。ほくろの成長に関して読めない部分があるので、小さいうちにほくろ除去する選択肢は自分にあります。もし、目立つ部分に発生して気になる場合は、除去した方が良いでしょう。

ほくろ除去は自分でやってもいいですか?

自分でほくろ除去を行なうことは、危険なことになるのであまりおすすめ出来ません。ほくろだと思っていても、実は悪性の腫瘍である可能性もあるので自己判断は禁物です。そのため、ほくろ除去は必ず専門の医師がいるクリニックで行なうようにしましょう。

ほくろ除去にかかる費用を教えてください!

利用するクリニックによって違いがありますが、大体2ミリ程度の大きさだと1万円前後で施術することが出来ますよ。ほくろの大きさや深さ、数、施術方法によってかかる費用が異なるでしょう。詳しい費用を知りたい場合は、クリニックに確認することです。

痛みは発生しますか?

除去を行なう前にほくろの周辺に麻酔をするので、除去を行なっている間は痛みを感じることがありません。麻酔をする際に行なう注射は多少の痛みを感じますが、特に問題はないでしょう。なお、注射のほかにも麻酔テープもあります。